18禁同人クソ野郎がプロ作家になる

18禁同人サークル「GoutWollow」の椎名号が2018年の年明けに一般書籍を発売、作家デビュー予定。その経過をここに記していこうと思っています。

清水アキラさん


ものまね清水アキラ、涙の謝罪会見!

 

2012年の3月の終わりぐらいでしたかね

東日本大震災からちょうど1年たった頃、僕は被災地のある町の商工会会長から

「震災後初めて地元の力でお祭りをしたいから、誰か花を添えてくれる芸能人とか来てくれないかなあ」という相談を受けました。

そんな状況ですのでみんな金がないのでノーギャラで来てくれるタレントさんと言う条件で当たったんですが

なかなか厳しかったんです。

その中で「いきますよ」と言ってくれたのが、清水アキラさんでした。

祭りの当日は急に土砂降りになり、清水アキラさんは野外のステージでビニ傘をさしながらも、ずぶ濡れになり定番のテープ芸から本格的なものまで、完成されたステージで子供からお年寄りまで楽しませてくれました。

その時に、まだ売り出し中の良太郎さんも一緒に来てくれたんです。

ノーギャラにも関わらず豪華な親子共演が見れて町民も大いに盛り上がりました。

ライブを終えて、少し僕を含めて商工会の人たちとお話ししてから、また次の仕事があるととんぼ返りしていきました。

 

すごいなあ・・・って。

忙しい中、復興に向かう人達のために

ニュースにもならないような小さな祭りにノーギャラで駆けつけてくれて

素晴らしい人だと素直に思いました。

今でもずっと尊敬してるし、忘れられない恩ですよね。

 

今回、良太郎さんがこんな事件になってしまいましたが

清水アキラさんの会見は、僕も一緒に泣いちゃいました。

やったことは許されるべきことではありませんが

罪を償ってまた頑張ってみんなを楽しませてほしいです。

陰ながら応援しています。