18禁同人クソ野郎がプロ作家になる

18禁同人サークル「GoutWollow」の椎名号が2018年の年明けに一般書籍を発売、作家デビュー予定。その経過をここに記していこうと思っています。

やくちゅうのカリスマ


Primal Scream Kowalski

 

僕の青春時代は90年代でしたが、ある人気のあるインディーズのバンドがいて

カリスマ的な感じでみんなが憧れていました。

その後、解散して僕も普通に働きだし、起業したんですけど

ふと、その人気のあったインディーズバンドの過去音源を再リリースして売りたくなったんです。

もう既に解散していたので、メンバーは普通に社会人になっていたのですが、リーダーとなんとなく連絡がとれて、その方向で動きました。

すると、そのメンバーの一人から直接僕に連絡があって「それを出すなら5万円貰えないかなあ」と言ってきました。

とりあえず駅の改札で待合わせすると、その元メンバーは隠れるように周囲を気にしながら、僕のところに来て「5万円、貰える?」と。

僕はお金を渡すと「悪いね!あとは好きにやっちゃっていいから」と言って、そそくさと消えていきました。

要するにその元メンバーは、覚せい剤不法所持で一回捕まり執行猶予中に、また見つかってしまって警察から逃げているようでした。

僕からの5万円もきっと、覚せい剤を買うための資金にしたかったんじゃないでしょうかね?

90年代はカリスマ的人気を誇っていても、結局そうなったら終わりです。

僕ももう関わらないようにしました。

 

ドラッグ事情


massive attack - protection ( quiet village remix )

90年代後半から2000年代にかけての話です。

僕はバンドをやっていた頃があって、その時にレーベルのスタッフをやっていた

W君という男がいました。

互いに貧乏で、居酒屋で酒を飲みすぎて気が付けば、金が足りずに支払いができなくなって、僕が免許証を置いて後日残金を払いにいった、なんて思いでもありました。

そこからW君はレーベルをやめて、僕もバンド活動をやめて映画会社で働きだした矢先、歩いていたらばったりW君と会いました。

「飲みに行きましょうよ」と言われて、そのまま居酒屋に行きました。

「今日は僕がご馳走しますから」W君は羽振りがよさそうに言いました。

腕にはロレックスが光っていました。

 

W君はインディーズレーベルをやめて、某メジャーレコード会社Aに入社しました。

「インディーズは金にならないですよね」とかW君は飲みながら言っていました。

「Aはやっぱり儲かってるの?」僕はW君の勤めるメジャーレコード会社のことを聞いてみました。

 

「儲かってますよ。今は若者のドラッグの蔓延がハンパないんで」と彼は言いました。

「ドラッグをやりたくてクラブに来るので、そこで流れてる音楽も売れるんですよ」と・・・

 

そういうW君も筋金入りのジャンキーでした。

今じゃ考えられないような状況だったんですね。

 

 

薬物コンプライアンス


Jamiroquai - Virtual Insanity (Official Video)

 

最近は薬物に対して、かなり厳しくなったように思えます。

昔は寛容というまでではないけど、90年代は暗黙の了解みたいな

そんな雰囲気でしたけど、ここ最近は重大犯罪みたいに扱われます。

僕の周りでも、90年代は薬やってる友人が結構いましたが

今は無事やめられてるんでしょうか?

 

ジャミロクワイのレーベル「ACIDJAZZ」のアシッドってLSDのことですし、アメリカのインディーレーベルで「アンフェタミン」なんてありましたが、覚せい剤のことですよね。

そうやって普通に薬物の隠語をネーミングとして使うのも90年代でした。

コンプライアンスの概念がなかったんでしょうね。

そういえば「スピード」ってあんな小中学生の女の子たちなのに、なんで覚せい剤の隠語にしたのか謎でした。

 

自由民主党


Primal Scream - Loaded (Top Of The Pops 1990)

 

自由ってなんなんでしょうね。

自由民主党なんて言いますが、日本って一体自由度が低いのか高いのかは

よくわかんないですよ。

日本って昔から社会主義国家みたいなところがありますからね。

公務員がやたら多いし、公務員と結婚したい女も多いし

 

プライマルのローデッドの冒頭の部分

 

何がしたいかって
ただ自由に
やりたいことをしたいだけ
気持ち良くなって
楽しみたいんだ
ただそれだけ
さあ、いこう
盛り上がろう
パーティーの始まりだ

 

The Wild Angelsという映画で

僕が大好きな俳優、ピーターフォンダが言うセリフです。

選挙と台風


The Doors - Riders On The Storm (ORIGINAL!) - driving with Jim

 

あと三日で選挙ですが

台風みたいですね・・・・

今日もとても寒いですし

体がおかしくなりそうです。

しかも台風が去ったあとはまた暑くなるらしいし。

よくわかりませんが

いい加減雨はもう勘弁してほしい。

 

幅寄せ・煽り・パッシング


Steppenwolf - Born To Be Wild (Easy Rider) (1969)

 

東名高速の事故以来、いろんなことが明るみに出ていますよね。

幅寄せしたり、煽ったり、パッシングしたり

些細なことで怒って車を凶器に変えていく。

僕はそもそも車に興味がないし

酒のみなので運転はしないでもっぱらタクシーなんですけど

どうなんでしょうかね

僕はイージーライダーのようにセコセコしないで

誰の目も気にしないでスピード出すような

そんな方がカッコいい気がしますよ。

ビットコイン


Billy Idol - Mony Mony (Live)

 

北朝鮮が競馬事業を始めたとのことですね。

経済制裁で相当やばくて外貨を必死で稼いでいるとか。

ビットコインなんかも稼いでいるようですね。

現代は武力だけではなく、経済力も戦力のひとつなのでしょう。

お金・・・・欲しいですよね。

僕もプロ作家になって稼ぎたいですよ。